上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。住まいづくりFPの永井です。
みなさんもご存じだと思いますが、
現在、住宅ローン金利が過去最低金利を更新中です!
フラット35の金利は1.47%まで下がっていますし、
10年固定金利も1.1%台、場合によっては1%を切る水準まで下がっています。
変動金利が0.7%程度である事を考えると、
0.3%程度しか変わらない事になります。

なぜここまで固定金利が下がっているかと言うと、
長期固定金利は10年物国債の金利の影響を受けるためです。
日本の10年物国債金利は過去最低金利を更新中で、
一時0.1台まで下がりました。
もちろん、今後の金利動向には注意が必要ですが、
低金利の時はまずは固定金利を考えましょう^^

変動金利と固定金利の差が0.3~0.4%しか変わらない現状で、
変動金利を選ぶメリットは考えにくいです。

2年程前までは変動0.8%台、10年固定金利2%程度と、1.2%ほどの差があったのですが、
2年で変わるものですね。
もちろん、1年後の金利はわかりませんが、また10年固定金利が2%台に上がってもおかしくはないという事です。

住宅ローン金利水準を確認したい方は→コチラ「住宅ローンランキング」をご覧ください。

※住まいづくりのお金に関するお役立ち情報を配信中ですので、

是非こちらの【住まいづくりFP】ホームページもご覧くださいね。→http://sumai-fp.com/
スポンサーサイト
2015.01.29 Thu l 未分類 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。