上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
住まいづくりファイナンシャルプランナーの永井です。
日銀がマイナス金利導入から1か月が経ちました。
実際にマイナス金利が住宅ローンにどのように影響を与えたのか確認していこうと思います。

住宅ローンを確認する前に、住宅ローン金利に影響を与える国債の金利を見て見ましょう。
→コチラ

導入後一旦国債金利はマイナス0.02%まで下がり、その後プラス0.07まで上昇したものの、
その後下落し、現在はマイナス0.07%となっています。
導入前は0.3%から0.5%で推移していた国債がマイナスとなったのです。
住宅ローンの話しではありませんが、
国債金利がマイナスであるという事は、日本国は借金をすれば利息が入ってくる事になるのです(*_*)
なんと都合の良い事でしょうか?
でも、今はまだ日本の国の信用があるため、安全資産として円が買われる訳ですが、
今後いつまでこのような状態が続くかは誰にもわかりません。
実際、マイナス金利を導入する事で円安から、景気が良くなり、株価が上がると判断したにも関わらず結果そうなっていない訳です。
頭の良い人達が試行錯誤しながら進めたにも・・・ですので、今後の経済を読む事は本当に難しい事だと痛感しました。

さて、住宅ローン金利ですが、
変動金利は大手都市銀行が1月に既に0.625%まで下げていたため、今月は変動していません。前もって何らかしらの情報を得ていたのでしょうか?
信託銀行が0.625%→0.6%まで0.025%下げました。
ソニー銀行が0.539%から下がっていない事を考えると、このくらいの金利水準が変動金利で銀行が利益を出す限界なのかな・・・
とも思います。

10年固定金利はほとんどの銀行が0.05%から0.1%下げてきました。
大手都市銀行は0.1%下げ、信託銀行も0.05%ほどさげてます。
長期国債の金利は長期固定金利に影響を与えやすい訳ですが、
実際にそのようになっています。

フラット35の最低金利も1.54%→1.25%と大きく下げています。

さて、今後の金利動向ですが、政府、日銀の政策が急に方向転換する事は考えにくく、急激な上昇はないのではと思います。
ただ、3年後はわからないですよね。
住宅ローンがマイナス金利【借りれば借りるほど得をする】事になれば、家を購入する人は増えるのではと思いますが、
損をしてまで銀行が住宅ローンを融資する事は普通考えにくいですね。
でも日本国債が借れば得をする状態な訳ですから、ありえない話ではないかもしれません^^

日本の向かおうとする方向がインフレ経済である限り、マイホーム購入は早い方が良いという事になります。
インフレはお金の価値が無くなる訳ですが、借金の価値も無くなっていく訳ですので。
もちろん何でも良いから購入した方が良い訳では無く、ライフプランをしっかりと確認し、返済が問題ない事が大前提です^^

それではまた。

※住まいづくりのお金に関するお役立ち情報を配信中ですので、

是非こちらの【住まいづくりFP】ホームページもご覧くださいね。→http://sumai-fp.com/


スポンサーサイト
2016.02.29 Mon l 未分類 l コメント (0) l top
はじめまして、住まいづくりファイナンシャルプランナーの永井です。
マイホーム購入を考えている方にとって、気になるポイントの一つに住宅ローン金利の動向があります。
来月の金利は上がるのか?下がるのか?
今後金利はどうなるのか?

まず住宅ローン金利が大きく影響を受けている金利に、日本の10年物国債金利があげられます。
過去の10年物国債金利推移はコチラ→長期金利推移グラフ
国債金利を確認する事で、来月の金利予想は大体できます。
現在0.3%台で推移しているため、
来月はほぼ同水準だと思います。

ただ、ここで問題なのは、住宅ローン金利が決まるタイミングです!
住宅ローン金利は住宅ローン借入申込み時点で決まる訳ではありません。
本審査通過時点でもありません。
実は建物完成時(融資実行時)の月の金利となるのです。
マンション、建売、注文住宅どのようなマイホームを購入した場合でも、
契約時から大体1か月~2か月後に実行となります。
注文住宅の場合は土地決済が先にあり、建物完成まで6カ月程度かかる場合もあり、
将来の住宅ローン金利は誰にもわからないのです(T_T)

1年後、数年後の金利がわかれば良いのですが、それは経済学者でも難しいと言われいます。
予想する事は誰にでもできますが^^

ただ、言えることは現在の国債金利は過去最低金利だという事です。
今後さらに下がる事は考えにくいと思います。
将来の金利水準は現状維持か?上昇か?どちらかではないでしょうか。

2017年に消費税が上がる予定ですが、消費税の2%以上に金利動向に注意する必要がありますね!!

※住まいづくりのお金に関するお役立ち情報を配信中ですので、

是非こちらの【住まいづくりFP】ホームページもご覧くださいね。→http://sumai-fp.com/
2015.11.15 Sun l 未分類 l コメント (0) l top
今年も、オーナー様感謝祭に招待頂き、
イズヤマスタッフとして、参加させてもらいました^^
資金相談を担当させて頂いた、オーナー様と楽しい時間を過ごす事ができ、
有難うございました。

伊豆山建設さんで住宅ローン、資金アドバイザーとして、
担当させてもらって早いもので8年が経ちました。

これまでに多くのお客様へライフプラン診断、住宅ローン相談を提供してきましたが、
何よりも嬉しいのが、オーナー様から、
「永井さんのライフプラン相談を受けて、安心して家づくりが進めれました!」と言う言葉を頂いた時です(*^_^*)

オーナー様感謝祭でも、そういった言葉を多く頂き、本当に嬉しかったです。
また、家を建てられた後も、資金相談の担当として関わっていける事に、
あらためて仕事に対する誇りと責任を感じる事が出来ました。
もともと銀行を辞めて、独立したのも、
お客様と長くお付き合いができる仕事をしたい一心でした。
それを実感することが出来ました。

イズヤマリゾートでは毎月1回資金相談会を開催しています。
オーナー様も、住宅ローン借り換えや保険相談、投資相談でご利用頂けますので、
必要なときはおっしゃってくださいね。
資金相談会は次回9月27日、10月は18日です。

※住まいづくりのお金に関するお役立ち情報を配信中ですので、

是非こちらの【住まいづくりFP】ホームページもご覧くださいね。→http://sumai-fp.com/

IMG_2591.jpg

2015.09.15 Tue l 未分類 l コメント (0) l top
こんにちは。住まいづくりファイナンシャルプランナーの永井です。
今日からGW!に突入ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
4月は寒い日も多かったですが、ここにきて急に暑くなってきましたね。
春らしい日が少なかったように思います^^;

さて、気温と同じように、住宅ローン金利も上がったり下がったりを繰り返しています。
フラット35金利は3カ月ぶりに低下しました^^
返済期間が35年で融資率が9割以下の場合で、1.46%!
先月より0.08%低下したわけですが、
それってどうなの??と言った質問が出てきそうですね。

そこで過去2年間のフラットの推移を見て見ましょう。
過去2年間フラット金利推移のグラフ
これを見ると、平成25年4月で1.8%。
平成25年7月で2.05%まで上がり、
平成27年2月に過去最低金利の1.37%となっています。
数字だけで見ると、2.05%と1.37%の差は0.68%ですので、
あんまり変わってないかな~と思うかもしれませんが、
仮に3,000万の借入を35年返済で借りた場合で比較してみると・・・。
利息支払い総額は371万もの違いが!!!
フラット35の場合、35年間固定金利ですので、
35年返済した場合、確実に支払利息に差が出る事になります。

今の金利情勢がどれだけ低いかおわかり頂けましたか?
もちろん、住宅ローンを借りられる場合はフラットだけでなく、
その他の商品も確認し、ご自身のライフプランに合った商品を選択しましょう^^

伊豆山建設では月に1度、個別の資金相談会を開催しています。
是非家づくりを始める前に、資金計画を行いましょう。
5月は24日が相談日となります。完全予約制ですので、
お早めに(^_^)/

※住まいづくりのお金に関するお役立ち情報を配信中ですので、

是非こちらの【住まいづくりFP】ホームページもご覧くださいね。→http://sumai-fp.com/
2015.05.02 Sat l 未分類 l コメント (0) l top
こんにちは。住まいづくりファイナンシャルプランナーの永井です。
伊豆山建設では毎月第3日曜日に、「個別資金計画相談会」を開催しています。

「資金計画相談会」って何?と思われる方に、
今回は簡単にご説明をさせて頂きますね。

マイホーム購入を検討し始めると、
様々な疑問点、不安ごと、知りたいことが出てきます。
その中で、特に資金計画に重点を置いた相談を行っているのが、
資金計画相談会となります。

過去の相談事ベスト3は、

①私たちってどのくらいの住宅ローンが借りられるのかな?
②どのくらいまで借りても大丈夫なのかな?
③どこの住宅ローンが良いの?

です!
実は①については、どこの不動産会社、ハウスメーカー、工務店、銀行に行っても、
年収さえ伝えれば大体の借入限度額は教えてくれます。
返済比率から逆算するれば、おおよその借入額は計算できるためです。

ただ、②と③については相談できる場所が少ないのです。
資金相談会は②と③をメインに相談に乗らせて頂くケースが多いですね。

もちろん、
相談者によって相談事は様々で、
・贈与について知りたい。
・住宅ローン控除について知りたい。
・頭金をどのくらい入れたらよいか知りたい。
などなど、どのような相談事でも1時間半の時間を頂き、
お応えしています。

個別相談会のため、完全予約制となっていますので、
少しでもマイホーム購入を検討されていらっっしゃる方は、
お申込み下さい。

もちろん、相談料は無料!となっています^^

次回は4月19日となっています。
お早めに。

※住まいづくりのお金に関するお役立ち情報を配信中ですので、

是非こちらの【住まいづくりFP】ホームページもご覧くださいね。→http://sumai-fp.com/



2015.03.30 Mon l 未分類 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。